わんちゃんのおっぱいの話

人やわんちゃんのように、お乳を飲ませて子供を育てる哺乳類には、おっぱいがあります。皆さんはわんちゃんのおっぱいを注目して見たことがありますか?ペットがごろんと仰向けに寝ているときにおなかを見てみると、毛に隠れた小さなおっぱいが見つかると思います。

今回はおっぱいのお話をしましょう。


おっぱいの数

突然ですが問題です。

ワンちゃんのおっぱいは全部でいくつあるでしょう? 


正解は、犬によってその数は様々です。

わんちゃんを飼っている人は実際に見てみましょう。上は脇の下から下は足の付け根まで、縦に二列に並んでいます。

4対8個であることが多いですが、うちの子は10個以上あるという方もいるかもしれません。わんちゃんには、副乳頭と呼ばれる小さな乳首が、本当の乳首のすぐ横に見られることがよくあります。この副乳頭からは、赤ちゃんを産んでもお乳が出ることはありません。

また、逆にどんなに探しても6つしかないわんちゃんもいます。

それは、おっぱいの数や配置は個体ごとに異なっていることがあり、左右の乳首がちゃんと並んでいなくて右が4つあるのに左は3つしかない、という子も比較的よくみられます。異常だと思われるかもしれませんが、健康上は何の問題もないので、特に心配することはありません。


男の子にもおっぱいはあるの?

男の子にも乳首はあります。毛を掻き分けてよく探してみましょう。小さいですが、女の子と同じように、左右二列に並んでいます。男の子の乳首からは、もちろんお乳は出ないため、通常は痕跡程度しかありませんが、まれにホルモンの異常により張っていることがあります。その場合には精巣の腫瘍の疑いがあるため、できるだけ早く、動物病院で検査をしてもらいましょう。


おっぱいの数が人と比べて多い理由

哺乳類は、1回の出産で産まれる子どもの数だけおっぱいの数があるといわれています。通常小型犬で3頭前後、大型犬で6頭前後の赤ちゃんを産むことが多いため、おっぱいが8個もあるのでしょう。

しかし、レトリーバーなどの子どもを多く産むわんちゃんは、時折、おっぱいの数以上の赤ちゃんを産むことがあります。ギネス記録では一度に24頭の赤ちゃんを産んだわんちゃんがいるそうです。そのような場合、お乳がすべての赤ちゃんに十分に与えられないため、人が子育てを手伝う必要があります。


お乳がでるおっぱいの場所

出産をして赤ちゃんにお乳を飲ませるようになると、おっぱいを吸う刺激によってお乳が出るようになり、乳腺がさらに発達していきます。そのため、よく吸われるおっぱいほど大きくなりますが、一般的には、足の付け根に近いほうがよく発達し、お乳もよく出る構造になっています。兄弟が多いとよくお乳が出るおっぱいの奪い合いになりますが、お乳をたくさん飲んでいる子の方が体は大きくなり、大きな子の方がよりお乳が出やすい場所を取り、さらに大きくなるようです。同じ日に生まれた兄弟でも大きさが違うことがあるのは、このような原因もあるのですね。


おっぱいはつながっている

わんちゃんのおっぱいは、乳首を見ただけでは想像できないかもしれませんが、実は皮膚の下で縦につながっています。左右に細長い乳腺が1対あり、その上に乳首があるという形態をしています。そのため、炎症がおきたり腫瘍ができたときは、その部分だけでなく、一列すべてのおっぱいに対して治療を行う必要があります。


おっぱいの病気

主なおっぱいの病気には「乳腺炎」と「乳腺腫瘍」があります。


乳腺炎は、ホルモンバランスが崩れた時や、子犬が乳離れをした直後などにみられる、おっぱいがぱんぱんに張って熱を持ち、強い痛みを伴う病気です。特に、偽妊娠(ぎにんしん)といって、発情後に妊娠をしていないのに妊娠や出産時のおっぱいと似たような状態になることがあり、このときにはおっぱいからお乳が出てくることもあるため、驚かれる飼い主さんも多いでしょう。悪化すると破裂することもあるため、発情の度に偽妊娠をするようであれば、ホルモン治療や避妊手術を検討する必要があります。


乳腺腫瘍は、歳をとった避妊手術をしていない女の子に最もよくみられる腫瘍ですが、ごくまれに、男の子にもみられることがあります。おっぱいの一部にしこりができ、それが徐々に大きくなっていき、そのままにしておくと他の臓器に転移したり、手術で取除くことが出来なくなってしまいます。この腫瘍は半分の確率で悪性であるため、しこりを見つけたらできるだけ早く動物病院に連れて行きましょう。

原因として、ホルモンが関係していると考えられており、発情前に卵巣を切除してしまう避妊手術を行うことによって、病気の発生率を下げることができるといわれています。



まとめ

人とは異なるわんちゃんのおっぱいの形態について、色々と知ることができたのではないでしょうか。普段あまり注目して見ることは少ないでしょうが、スキンシップをとりながら、おっぱいをチェックしてみても良いかもしれませんね。