様々な誤飲 ~タバコ中毒~

例えばお父さんがポトリと床に落としたタバコをペットが食べてしまったら、どうなってしまうのでしょうか?

タバコ中毒と家庭に潜む危険についてお話しましょう。


タバコ中毒とは

タバコ中毒はペットがニコチンを誤飲することによって発症します。

現実ではあり得ませんが、仮にペットがタバコを吸ったとしても0.5~2mg程のニコチンしか吸収されませんが、タバコを食べてしまうとニコチンが全て体内に吸収されるので問題となる場合があります。

特に子犬は見るもの全てを噛んで認識しようとする習性があるため、タバコ中毒事故の危険性が高いのです。タバコの銘柄によっても様々ですが、通常1本のタバコには0.1~30mgのニコチン(葉巻:15~40mg、噛みタバコ:6~8mg/g、ニコチンガム:2~4mg、ニコチンパッチ:8.3~114 mg)が含まれています。またタバコの吸殻には総ニコチン含有量の約25%が含まれています。


危険な摂取量

「犬のニコチン中毒量」は20~100mg(約11mg/kg)です。例えば4.5kgの犬がニコチン中毒の症状を発症するにはタバコを2~4本食べる必要があります。ちなみに、「人間の乳幼児の場合」はタバコ約0.5~1本(10~20mg)で致死量となります。


タバコ中毒の症状

一般的には誤飲後15~45分以内に症状が出ることが多く、具体的なサインとして「興奮」「ふるえ」「聴覚障害」「視覚の幻覚症状」「唾液分泌」「嘔吐」「下痢」などの症状が見られます。

しかし実際は、タバコを誤飲しても、胃に感じる強い刺激やニコチンによる脳の嘔吐センターへの指令により大部分を嘔吐するので、大きな問題に発展することはそう多くありません。基本的にニコチンは胃からは吸収されず(胃内のpHではニコチンの溶出が遅れ吸収されにくいため)、胃を通過し、小腸に至ると急激に吸収がすすみます。従って小腸に到達する前に胃内の刺激で吐くことは生命を守るためには必要なことなのです。

また、タバコは水に浸けると1時間で50~70%のニコチンが溶出し、吸収が早くなるため、タバコの浸出液を飲んだときは重篤な症状が出現する可能性があります。誤飲してすぐであれば、吐かせることは有効ですが、吐かせるために牛乳等を飲ませることは、タバコを小腸の方に流し込んでしまう可能性があるので避けた方がよいでしょう。


誤飲後4時間経過しても大きな変化が無ければ問題ありませんが、誤飲がわかった場合、なるべく早い段階で獣医師に相談しましょう。


タバコ以外にも気をつけなければいけない誤飲誤食

宝石の誤飲

動物が宝石をかじると宝石の破片に含まれるフタル酸ジブチルによって豊富な唾液分泌と吐き気を感じます。この反応は中毒症というより、むしろ味覚反応のためです。一般的に化学物質の味を希釈するために牛乳やツナ缶などを与えることが良いとされていますが、ペットが宝石を摂取したり、その疑いがある場合は必ず獣医師に相談するようにしましょう。


アスピリン

人間用の内服薬がペットに有害となることもあります。アスピリンやアセトアミノフェンなどを主成分としたOTC薬(薬局等で一般的に購入できる薬)はペットに「毒」となることがあります。摂取した可能性があれば、必ず獣医師に相談しましょう。


家庭用洗剤

家庭用洗剤の多くは酸性あるいはアルカリ性の成分を含んでいます。通常、原液を誤飲する以外はバケツの水や水洗トイレの水ためで希釈されているので軽い吐き気を引き起こすだけです。もし原液を誤飲したら口、食道そして胃がひどくただれます。酸性洗浄剤であれば直後に傷害が現れますが、アルカリ性洗浄剤は8~12時間後まで傷害が現れません。無理に吐かせるとさらなる傷害が発生する危険性があるので、どんな家庭用洗剤であれ少しでも誤飲した可能性があるならば至急、動物病院に連絡してください。


防虫剤

防虫剤の最も一般的な有効成分はナフタレンです。防虫剤の誤飲で見られる最も一般的な症状は嘔吐、貧血、無気力、そして発作です。

防虫剤を誤飲したら出来るだけ早く洗い流す必要があります。ペットが防虫剤を摂取したり、その疑いがある場合は獣医師に相談してください。


シリカゲル

新しく購入した衣服や靴あるいはスナック菓子などには、乾燥剤としてシリカゲル(二酸化ケイ素)が使用されています。それは、化学作用を引き起こさず、毒性もありません。腸管から吸収されないので全身性の中毒症状もほとんどみられません。ペットが少し食べた程度であれば心配する必要はありません。症状は、粘膜びらんを起こす程度です。水や牛乳を飲ませて様子をみても構いません。大量に摂取した場合や嘔吐などの症状があれば獣医師と相談してください。


チョコレート

チョコレートに含まれるテオブロミン(Theobromine)が犬に毒性があり、問題となることがあります。人はこのテオブロミンを効率的に排除できます、犬はテオブロミンの半減期が長く(17.5時間)体内から素早く排除できないことが原因です。従ってチョコレートを犬が何度も食べると「蓄積効果」によって遅かれ早かれ問題に発展する可能性があります。しかし少量のチョコレートを一度食べたとしてもトラブルに発展するかどうかは個体によって異なります。


玉ねぎ

玉ねぎに含まれる成分(アリルプロピルジスルフィド)が犬にとって毒性があり貧血を起こすことがあります。しかし、犬が「大きな玉ねぎ」を最低1個以上(玉ねぎ5~10g/kg以上)食べると問題となるかもしれませんが、少量の玉ねぎであれば食べても臨床上問題とはならないことが多いです。玉ねぎに限らずユリ科(ネギ、ニラ、ニンニク、アスパラガス、ラッキョウ)の食物は犬に大量に与えない方が無難です。


タバコはもちろん、誤飲誤食によってペットの命を危険にさらさないためにも、日頃から十分に気をつけるようにしましょう。

ペットクリニック.com

獣医師発信のペット情報サイト