ペットが味覚を感じる仕組み

ペットショップに行くと、いろいろな味付けのペットフードが並んでいますよね。ビーフやチキンのようなお肉をはじめ、カツオやマグロのようなお魚、さらにシチュー味やすき焼き味など料理名までついているものもあります。ペットは実際にはどの程度味が分かるのでしょうか?

今回は、ペットの味覚について説明します。


味を感じる仕組み

人間、舌の上に味を感じるセンサーによって食べ物の味を感じています。センサーは舌の上にある小さなイボイボの表面に存在して、「味蕾(みらい)」と呼ばれています。味には塩味、酸味、甘味、苦味、旨味の5種類があるといわれ、口の中で水分に溶け込んだ化学物質がセンサーを刺激してそれぞれの味を感じています。


ペットの味覚センサー

ペットも人と同じように舌の上に味蕾があって味を感じているのですが、実は味蕾の数は人の約10,000個に対して約500~2000個ほどしかありません。言い換えれば、人の約1/5~1/6くらいしか味が分からないということになります。さらに、わんちゃんは塩味、酸味、甘味、苦味の4種類しか区別できず、ねこちゃんは甘味を感じるために必要なたん白質が遺伝的に欠如しているため、甘味も感じることが出来ないということが分かっています。これはねこちゃんだけでなく、ライオンやトラのような猫科の動物に共通しています。


ねこちゃんが甘みを感じない理由

理由は大きく2つあります。

まず、肉食動物のねこちゃんはもともと狩りをして動物の肉を食べていたため、甘みを感じる必要がありませんでした。そして、他の動物に獲物をとられないように素早く食べる必要がありました。これらの理由から、ねこちゃんは甘味を感じていないといわれています。


味覚が働く瞬間

ペットが味覚を働かせるのはどのようなときなのでしょうか。

ペットの味覚は「おいしいか、まずいか」というよりも「食べられるか、食べられないか」ということが基準となっています。

たとえば、腐ったものは酸味や苦味があるため食べるのを控えているようです。ねこちゃんは新鮮な獲物しか食べないため腐った肉の苦味も苦手ですが、わんちゃんは地面の下に隠しておいたものを掘り出して食べたりすることもあるため、苦味はあまり感じないようです。

ねこちゃんには感じない甘味も、熟れた果物なども食べるわんちゃんにとっては食べられるかどうかの大事な判断材料となります。


ペットが感じる“おいしい”

ペットが食べ物をおいしいかどうかを判断するのは、味だけでなく匂いや歯ざわり、温度などから総合的に判断しているといわれています。特に匂いはとても重要で、たとえば鼻炎などで嗅覚が衰えてしまったねこちゃんはそれだけで食欲がなくなってしまうことがあります。わんちゃんも匂いを嗅いで食べられると判断したら、あとは味わうこともなく丸呑みしてしまうことがよくあります。


食べ物の好き嫌い

食べる、食べられないを基準としているのにもかかわらず、好き嫌いによって食べないケースもあります。

これは、幼い頃の味覚に左右されているといわれています。ペットの離乳期にあたる時期は「社会化期」と呼ばれ、この時期に経験したことが大人になっても影響を与えるといわれています。たとえば、この時期に魚ばかり食べたねこちゃんは大きくなってもあまり肉を好まなくなるようです。

また、ペットは過去の経験を覚えていることが多いです。そのフードが直接的な原因でなくても、一度食べて気持ち悪くなったり、腹痛を起こしたものは二度と食べようとしなくなります。また、嫌いなわけではないけど食べなかったら他のおいしいフードがもらえた経験が影響していることもあります。


ペットによって好みはそれぞれです。しかし、あるフードを食べないからといってすぐに変えてしまうと、偏食になってしまい災害などに困ることもあります。そうならないためにも、缶詰を加えてみたり工夫をして、できるだけ好き嫌いのないように育てられるといいですね。