小型のテリア種「ヨークシャー・テリア」

活発でぴょんぴょんと飛び回るテリア犬の一種。

今回は、「ヨーキー」の愛称で親しまれるヨークシャー・テリアについてお話します。


歴史

「ヨークシャー・テリア」は比較的最近生まれた犬種で、一般的に「ヨーキー」の愛称で親しまれています。この品種は、テリア系の小型犬とマルチーズなどの混血により生まれたといわれていますが、正確には分かっておりません。名称はヨークシャー地方に由来し、炭坑や織物工場でネズミを駆除するために飼育されていました。織物職人によって改良された歴史もあり、絹糸状の長い被毛は織機によって作られたものだと噂され、見せ物にされたこともあるといわれています。

被毛の美しい小型テリアであるヨーキーは、「動く宝石」ともいわれ、富裕層の間でペットとして人気が高まりました。

そして、世界中で最も知名度の高い犬種としても定着しています。


性格

小動物や子どもに対しても優しく、嫌なことをされても辛抱強く滅多なことでは怒りません。また、小さくて可愛らしい見た目のヨーキーですが、テリア気質は健在で警戒心も強く、活気と自尊心にあふれたエネルギッシュな犬でもあります。飼い主さんにも忠誠で表情も明るく豊かで、気品を備えながらも堂々とした風格を持ちます。


被毛

ヨーキーの魅力は、なんといってもシルクを思わせる被毛です。生まれたばかりの時は、全身のほとんどが真っ黒ですが、生後2~3ヶ月もすると頭部や四肢がはっきりし、徐々にスチールブルーへと変化していきます。

長い毛のフルコートは、ヨーキーの美しさとして人を惹きつけています。毛量が多そうに見えますが、ヨーキーはシングルコートなので見た目よりも毛量は少なめで換毛期がないため、抜け毛に悩まされることはありません。


被毛の整え方

長毛種であるヨーキーにとってブラッシングは不可欠です。ブラッシングをする際には、ブラッシングスプレーを使用するようにしましょう。ブラッシングスプレーは、静電気防止、紫外線防止、トリートメント効果のあるものを選んで使用すると、ブラッシングによる摩擦を防ぎ、さらにきれいなコートに仕上げることができます。

また、ブラッシングには見た目をきれいにする以外にも、皮膚に刺激を与え、血行を良くし新陳代謝を高める効果があり、その刺激によって新しいきれいな被毛が生まれてきます。それ以外にも、飼い主さんとのスキンシップになるので、できるだけ毎日行いましょう。

ヨーキーは毛が絡みやすい犬種なので、フルコートにしてあげたい飼い主さんは、毛を小分けにしてまとめるラッピングが不可欠です。2~3日に一回は、ラップを巻き直しましょう。初めは少し大変ですが、慣れて来ると短時間出来るようになります。


様々なカット方法

ヨーキーといえば、頭の上で結んでリボンをつける、トップノットのイメージがあると思いますが、短くカットしたり、伸び続ける被毛をアレンジしたりと、いろいろなカットが楽しめます。

  • シュナウザーカット

口周り(アゴ下)、眉毛、四肢、腹下の飾り毛を残し、その他はバリカンでカットします。

  • パピヨンカット

耳の飾り毛を長く伸ばし、顔はすっきりとカットします。

  • ミッキ-カット

耳の周りの飾り毛や顔回りをカットすると、ミッキーマウスのような丸いフォルムになります。

  • 三つ編・編みこみ

フルコートをアレンジして、いろいろと編み込むことができます。


まとめ

ヨークシャーテリアは、ネズミを駆除するために飼育されていたため、警戒心が強く、とても負けず嫌いな犬種です。そのため、おうちに迎えたあとはしっかりと主従関係をつくることが重要です。

そうすれば、もともとある活発で明るい性格を発揮して、楽しく明るい生活を送ることができるはずです。