信頼関係を築くカギ「リラックスポジション」

犬と楽しく過ごすためには、飼い主さんがリーダーになることと犬の社会性が重要となります。今回はその中でも、主従関係・信頼関係が築ける「リラックスポジション」をご紹介します。


「しつけ」について

オスワリやマテができるからといって「しつけ」が完璧ではあるというわけではありません。しつけとは、人と共に暮らしていくために、犬が社会のルールを学び、上手に暮らしていけるようにすることです。

もともと犬は群れで生活している動物です。その群れの中で順位を決めて生活をしていたので、犬が家族の中でリーダーになってしまうと、その群れを守ろうとする意識が強くなってしまい、飛びついたり咬んだりなどの問題行動が表れてしまいます。


しつけのための「リラックスポジション」

飼い主さんが服従のサインとなる横倒しの姿勢をとらせることで、犬が身を委ねてリラックスし、解放することで主従関係を示すことができます。また、これにより信頼関係を築くことができます。犬が嫌がる部分を日頃から触れるようにしておくことで、知らない人と触れ合ったときに咬んでしまうような問題行動も少なくなります。

また、犬に触れて皮膚の状態や体の変化に気付くことができるようになります。


リラックスポジションをとらせる方法

飼い主さんが両足を合わせて伸ばす姿勢で座り、壁などにもたれかかるようにして犬を仰向けにのせます。

大型犬などの場合は、両足を開き、その間に犬を仰向けに寝かせます。このとき、背骨を保護するためにやわらかい布を使用しても良いでしょう。


ポイント

途中で犬が暴れてしまっても、絶対に逃がさないでください。一度でも逃げられてしまうと、犬は暴れることで逃げられると学習してしまい、リラックスポジションをとらせる度に暴れるようになってしまいます。

犬が落ち着いた状態で手を離しても逃げないようであれば、頭からしっぽの先まで全身をどこでも触れるようにしましょう。ここまで出来るようになると、飼い主さんと犬の主従関係は明確となります。

そして、犬が落ち着いた状態のときに「よし!」などの言葉の合図と同時に、胸の辺りを軽く叩いて解放してあげます。

短い時間から始めて徐々に時間を延ばして慣らしていきましょう。


「リラックスポジション」の注意点

  • 咬みグセがある犬に、無理に行わない
  • 犬にだらけた楽な姿勢をとらせない
  • 最低1日1回数分でもいいので家族全員で行う
  • 飼い主さんがリラックスしていなければ、犬もリラックスできない          犬のリラックスしている様子:後肢が開き、しっぽが垂れ下がると落ち着いている状態
  • 犬が落ち着いて寝てしまっても大丈夫
  • 暴れてもできるだけ逃がさない


毎日数分でも続けることで犬との信頼関係が良くなり、さらに飼い主さんが犬にとってのリーダーになれるでしょう。初めはお互いに大変なこともあるかもしれませんが、これを身につけることで、お互いに気持ちよく生活を送ることができるようになります。可愛いだけでなく、犬が人間社会で賢く生きていくための手助けをしてあげましょう。