ペットの体の仕組み~肉食動物と草食動物~

人間は野菜や肉、魚などさまざまな食べ物を得ることで栄養と蓄えています。これは人間が雑食動物だからです。しかし、犬や猫、は違います。猫はネズミなどの小動物を捕らえて食べる肉食動物、犬も果物や野菜なども少しは食べますがやはりオオカミを起源とする肉食動物です。そしてウサギは肉類を全く食べない草食動物です。

このような食性の違いによって分類される肉食動物と草食動物の体の仕組みの違いについて、今回は学んでいきましょう。


口や歯

肉食動物と草食動物の口の違いを見てみましょう。

犬や猫は獲物に鋭い牙を突き立ててとどめを刺し、その肉を食べるときに引きちぎられるように、全ての歯が尖っていて奥歯まで大きく開くような構造をしています。特に4本の犬歯はとても発達していて、上下で噛み合うようになっています。食べ物を口の中でよく噛んで細かくすることはあまりできませんが、固い肉もナイフのように噛み切ることができます。

それに対してウサギは、前歯で植物を適当な大きさに噛み切って奥歯でよくすりつぶすようにして物を食べるため、顔の大きさに対してとても小さな口をしています。一番大きくて目立つ上下の前歯は生涯伸び続けますが、固い植物を食べる度に少しずつすり減るため、肉食動物のように固い肉を噛み切ることはできません。犬歯は存在せず、前歯より奥にある歯は臼歯(きゅうし)といってすべて臼のように食べ物が接する部分が平らになっています。これですりつぶすようにして食べ物を細かくして食べていくのです。


消化管

草食動物も肉食動物も口から食道、胃、十二指腸、小腸、盲腸、大腸といった順番に食べ物が送られるのは同じですが、それぞれの占める割合が大きく異なります。肉食動物は食いだめができるように胃は比較的大きいのですが、人の腸管の長さが体の約5倍であるのに対して、猫で約4倍、犬で約4.5倍しかありません。一方ウサギは、腸管の長さは体の約10倍にもなります。この腸管の長さの違いは栄養の吸収時間と関係があり、栄養価の高い肉を食べる動物は吸収時間が速いために短く、植物の固い線維を消化しなければいけない草食動物は栄養を吸収するのに時間がかかるため腸管を長くして通過に時間をかけているのです。

草食動物の中には牛のように胃を大きく発達させて消化を行う動物もいますが、ウサギは腸の中でも特に盲腸を大きく発達させてそこで消化を行います。その大きさは胃の10倍もあり、右下腹部の大部分を示すほどです。これは犬や猫の盲腸が痕跡程度にしか存在しないことと非常に対照的な特徴です。


消化能力

動物が必要とする栄養素のうち最も重要なものは、体を作る基となるたんぱく質であり、肉はまさにたんぱく質の塊です。そのため、犬や猫は胃でたんぱく質を消化酵素で分解する能力が発達しています。逆に植物に多く含まれる炭水化物を分解する能力は低く、特に猫は炭水化物をほとんど消化できないともいわれています。私たちがごはんをよく噛んでいると甘味が出てくるのは唾液に含まれるアミラーゼという酵素がごはんのデンプンをブドウ糖に変化させるからですが、猫はこの唾液中のアミラーゼを全く持たず、犬もごく少量しか持っていないといわれています。

一方ウサギは、たんぱく質がほとんど含まれない植物から体に必要な栄養を得ていますが、それは大きな盲腸の中に秘密があります。ウサギの盲腸の中では常にバクテリアによる発酵が行われています。この発酵によって植物のセルロースなどが分解され、その分解されたものを吸収することによってウサギは栄養を得ているのです。


食べる量と間隔

肉と植物ではそれぞれ含まれる栄養価が異なるため、肉食動物と草食動物では食べる量と間隔が異なります。肉はたんぱく質の塊のためエネルギー量も高く、肉食動物は一回満腹になるまで食べてしまえば数日間絶食しても生きていくことができます。しかし、ウサギなどの草食動物は体の中に持つ発酵タンク内に常に新しい材料が入り、古くなったものを排泄するように腸の内容物が動いていないとバクテリアが減少してしまい、正常な発酵ができなくなってしまいます。そのため、ウサギは体に対して大量の草を食べ続けていないといけないのです。


犬や猫は食べる量にもよりますが、一日に約1~2回、まとめて糞をします。それに対して常に腸管が動き続けているウサギは一日に何回も糞をします。そして夜中には盲腸便と呼ばれるやや柔らかい便を排泄し、それを食べる習性があります。ウサギは盲腸内のバクテリアで作られたたんぱく質やビタミンを豊富に含んだこの便を再摂取することで、栄養を吸収しているのです。


犬や猫は人と消化の仕組みが似ていますが、草食動物であるウサギの消化の仕組みは大きく異なります。同じ哺乳類でも、消化の仕組みだけで大きな違いがあることを知ると、他の仕組みの違いも気になるのではないでしょうか。

ペットクリニック.com

獣医師発信のペット情報サイト