食べ方から発見する病気について

ペットがおいしそうにご飯を食べる姿を見ていて嬉しく思う飼い主さんもいらっしゃいますよね。ペットによってその食べ方は、一粒ずつゆっくりと食べる子、口いっぱいに頬張る子、ほとんど噛まなずに飲み込んでしまう子、一旦食器の外にフードを掻き出してから食べる子、動物によってそれぞれ特徴があるでしょう。しかし、食べ方が変わり、口の端から食べこぼすようになった場合などは体の病気が疑われるかもしれません。

今回は食べ方で発見するペットの病気についてお話しましょう。


食べながら口を痛がる

ペットがご飯を食べながら鳴き声をあげたり、口元を手で引っ掻くようなしぐさをして口の中のものを吐き出そうとしている場合には、食べ物が口の中に入ることで痛みが生じていることを表しています。口が痛くなる原因としては歯周病などの口腔内の病気や口内炎がよく知られています。人間でも口内炎になったことのある方なら分かると思いますが、口内炎はほんの小さな病変でもとても痛いですよね。

痛みが左右どちらか一方で、かつそれほど痛みがない場合には、頭を傾けて痛くない片側だけでご飯を食べようとします。痛みが強く口に何が入っても痛みを生じる場合には、お腹がすいているのにご飯が食べられなくなってしまいます。

特に猫の場合、「カリシウイルス感染症」という病気にかかるとひどい口内炎になることが知られており、また猫特有の歯が溶けてしまう病気「破歯細胞性吸収病巣」という病気を持っている子も非常に多いため、口を痛がる子はたくさんいます。

また、犬に歯石がつきやすいため、そこから歯周病や歯槽膿漏になるケースがよくみられます。


ご飯を口に入れたあと飲み込みにくい

人間はご飯を食べる時、口の中に食べ物を入れてそれを飲み込みますが、これは口からのど(咽頭)、食道の運動が絶妙なタイミングで連動することで可能となります。口の中に入った食べ物は舌の動きで適当な大きさの塊にされてのどの方に送られ、そしてのどを通過した食べ物は食道を通って胃まで送られます。のどの部分には肺に通じる気管の入り口が開いていて、食べ物を食堂に送るにはそのときだけ咽頭蓋(いんとうがい)と呼ばれる気管の蓋で入り口を塞いで、肺の方に食べ物が入らないようにしています。これらを動かす舌やのど、食道の筋肉は神経が、病気の影響で麻痺をしている場合、食べ物を口に含んでも飲み込めず、食べ物をボロボロとこぼしてしまったり、唾液を自然に飲み込めなくてよだれを垂らすようになります。

あまり多い病気ではありませんが、筋無力症や部分的な神経麻痺の場合にこれらの症状がみられる他、食べ物の通り道に腫瘍のような通過を邪魔するものが出来てしまった場合にも飲み込みにくくなってしまうことがあります。


寝ころんだままご飯を食べる

ペットによっては寝転んだままご飯を食べる子もいるでしょう。リラックスしているものであればいいのですが、おすわりの姿勢で下を向けないような場合には、頚椎が損傷していて、下を向くと痛いことが分かります。

例えば、首をどこかにぶつけたり、リードで強く引っ張られたことで首に強い衝撃がかかったときには首の周りの筋肉や靭帯を痛めてしまい、首を曲げるのを嫌がることがあります。また、頚椎同士のつながりが不安定で首を曲げると頚椎の神経を圧迫してしまうような病気の時にも首を痛がることがあります。


食事の嗜好が変わった

口の中が痛い場合には、これまで食べていたフードより柔らかいものや粒の小さいものを食べたがるようになる傾向があります。

ペットはにおいで美味しさを判断するため、鼻が効かなくなってくるとよりにおいの強いものを食べたがるようになることもあります。ご飯をあげてもフードではなく水ばかり飲むようなときには、糖尿病や子宮蓄膿症といった病気が疑われます。また、今まで口のきれいだった子が食事に対して非常に貪欲になり、食べても食べてもさらに食べたがるようになる場合には甲状腺や副腎皮質などの内分泌系の病気や痴呆などの脳の病気が考えられます。


このように、食事の嗜好性の変化がペットの病気を表すこともあります。

ペットの食べ方はひとつの個性ですが、もし今までと違った食べ方を突然するようになったら、それは何かの病気を示す症状かもしれません。些細なことでも気になったらすぐに動物病院連れて行きましょう。ちょっとしたしぐさの変化は、飼い主さんだから気付くことができるのではないでしょうか。